読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーム社eBook Storeのブログ

オーム社eBook Storeのスタッフブログです

新刊『新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道』と併せて読みたい本

こんにちは。もうすっかり秋ですね。いかがお過ごしでしょうか。

オーム社eBook Storeで『新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道』が発売されました。

この本は『達人プログラマー』(ピアソンエデュケーション、2000)の訳を全面的に改稿したものとなっています。経緯や内容については、書籍編集局のブログに書かれた記事もどうぞ。


オーム社では『新装版 達人プログラマー』に関連の深い書籍を何冊か発行しています。なかでも電子書籍としてeBook Storeで販売しているものを中心にご紹介したいと思います。

アジャイルプラクティス』

『アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣』は、著者の一人であるAndy Hunt氏が、Venkat Subramaniam氏と共著した本です。アジャイルソフトウェア開発を行ううえでの具体的なプラクティス集であり、すぐに実行できる内容となっています。発行当初から今に至るまで人気のある一冊です。

『情熱プログラマー

『情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方』は、著者のChad Fowler氏(Wunderlistの起業とMicrosoftによる買収が記憶に新しいところです)が、より良いプログラマになるために役立つ考え方や実践方法を述べた本です。『達人プログラマー』と比較すると、チームワーク・ビジネス感覚・キャリア観などにより重点を置いています。Dave Thomas氏も、『情熱プログラマー』は『達人プログラマー』とともに読むのに適した本だと述べています。併せて読むのにぴったりの一冊でしょう。

アジャイルサムライ』, 『アジャイルレトロスペクティブズ』, 『エクストリームプログラミング

ソフトウェア開発者のなかでも、特にアジャイルソフトウェア開発手法の具体的な方法に興味のある方には、『アジャイルサムライ――達人開発者への道』『アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き』『エクストリームプログラミング』などはいかがでしょうか。

『新装版 リファクタリング

そして『達人プログラマー』で重要なテクニックとして紹介されており、今ではソフトウェア開発の常識となっているリファクタリングについて深く知るには、『新装版 リファクタリング 既存のコードを安全に改善する』がおすすめです。これも2000年発行の旧版を訳者陣による精査と改稿を経て2014年に新装版として発行されたものです。

お役に立つ本が見つかれば幸いです。