読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーム社eBook Storeのブログ

オーム社eBook Storeのスタッフブログです

eBook Storeスタッフが選ぶ 注目商品

こんにちは。オーム社eBook Sotreにご来店くださり、まことにありがとうございます。 さて今回は、リニューアルキャンペーンとして特別価格でご提供している書籍のなかでも、スタッフがとくにおすすめしたい5点の紹介をします。

まずはこの本。『dRubyによる分散・Webプログラミング』 本書は、dRubyの作者である著者の書き下ろし書籍です。発行は2005年ですが、その内容は10年経った今でも色あせることはありません。 一部では「幸福の王子本」とも呼んでいただいています。

『実践 反復型ソフトウェア開発』 オーム社のソフトウェア開発本はその多くが翻訳書ですが、本書は日本語の書き下ろしです。たくさんの図版とともに、ソフトウェア開発プロジェクトを制御するために理解すべき原則と、従うべき規律を説明しています。今もソフトウェア開発者として活躍している著者が現場で培った「動くソフトウェアを顧客に届けるための知識」は、一読の価値ありです。

『製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践』 工場で起こった爆発事故をきっかけに安全工学を取り組み始めた著者による、製造現場での安全管理に焦点をあてた本です。事故を防ぐには、危機を回避するには組織や仕組みがどうあるべきか。事故調査を通しその視点で書かれた文章は、自らの体験から、事故を未然に防ぎたいという著者の想いと考えが伝わってきます。

『FLASHアニメーション制作バイブル』 アナログでセルを描いていた時代からアニメーションの現場で活躍されていたアニメーター、A.e.Suckさんがお届けするアニメーションの基本を解説したものです。書名に「FLASH」とありますが、その中身には「アニメーション」という表現を最大限効果的にするために必要な基本的な知識が、丁寧なイラストとともにきちんと書かれています。また本文だけでなく、コラム部分にも「表現する人」からのアドバイスがたくさん書かれています。

『映像編集入門 ―動画を自在に操るコツ―』 「動画を配信する」というハードルは、ここ数年でぐぐっと下がってきました。不特定多数に見せるにしろ、身内だけで楽しむにしろ、せっかくだから見やすい編集をしたい、観る人を引きつける作品を作りたい。本書は、そんな人のためにあります。映画の編集理論を基本に、映像編集にふさわしい素材の準備、タイトルやテロップの入れ方など、映像を編集するための知識を総合的に紹介しています。

「注目商品」と銘打ったこの5点は、どの書籍もその分野に精通した著者による書き下ろしであり、その知識が詰まっています。 読書の秋であるこの季節、手軽に持ち歩けるPDF版を特別価格で提供しているこの機会に、ぜひ手にとってほしい商品です。